FC2ブログ

手技療法(カイロプラクティック)脊椎矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、ウエストに痛み炎症などを感じる状況を指す一般的に使用される語句。
NO.2
世界の腰痛事情。
国は地域で行政の方針カルチャーや暮し、しきたりが異なっていても腰部(ようぶ)の疾病の発症の比率はおおむね同じである。WHOの報告書は、以下のように言っている。「腰部の症状の発症の度合いや有病率は世界中の多くの場所でほぼ一定です。
腰(こし)の疾病は、世界各国で休業する要因の一番である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰の痛みの原因は普段の姿勢にあるとの1976年のナッケムソンの発言から、欧州では仕事中・炊事洗濯中などの予防対策がされている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州委員会の腰の痛み診療ガイドラインでは、ヨーロッパにおける腰の疾患の生涯罹患率は84%で、有病率は23%である。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカでも、大半の人の腰(こし)の疾病は要因をつかめない原因不明の腰痛だと言うことです。このことについて、ナッケムソンははっきりと学会の問題点を示唆しています。アメリカは腰の痛みの為に、1年間に日本円に換算して1000億円以上が失われているとされています。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本においても、腰の疾患が有訴者率トップ(最多の症状)で、日本人の80パーセント強が腰部の病気を経験している。多くの人々は腰(こし)の疼痛を主張しても画像で異常が見当たらない場合も多くある。原因が認められる場合もその部位が腰(こし)の痛みの要因とは限らず、腰痛(ようつう)の人の80パーセントは損傷場所のわからない(原因を特定できない腰痛)。
ブログブログブログ



カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR